愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

茶室の掛軸

 

茶室の床の間のお軸

 

ゴールデンウィーク後半、あまり遠出はしなくて時間がある時に近くのお気に入りの場所や気になっていた場所に行っていました。

 

そのお気に入りの場所の一つ、長久手の色金山歴史公園の中にあるお茶室にも行ってきました。

 

自宅からも比較的近く、もう数十回は訪れている場所です。

 

お茶室は建物だけでなく茶庭もあり、季節毎の変化や同じ季節でも微妙な変化が感じられるので何度訪れても飽きることはありません。

 

またその時々にお抹茶と一緒に出される主菓子の季節感を味わうのも楽しみの一つです。

 

他にもいろいろな楽しみ方があるのですが、今回は床の間のお軸について触れてみましょう。

 

床の間のお軸も季節感を感じるものや教訓的なもの、また茶席がある時は席主の想いなど様々なお軸があってその意味を調べたり感じたりするのもまた楽しみの一つです。

 

今回はその施設の中でも一番格の高い小間の茶室に掛かっていたお軸について調べてみました。

 

茶室の中のお軸

 

茶室に掛かる禅語のお軸

 

この茶室は犬山城の近く、名鉄犬山ホテルの日本庭園「有楽苑」の中にある国宝「如庵」の写しです。

 

斜めの壁に三角形の床板など特徴的な意匠で有名な建物です。

 

その中のお軸。茶室のお軸は禅語が多いのですが達筆すぎてその場では読めません。

 

五文字ということと何となく2文字は「花」・「衣」と読めそうなので、いつも後でインターネットで調べます。

 

このお軸は「弄花香満衣(花を弄すれば香り衣に満つ)」という事がわかりました。

 

解釈はいろいろありますが、この日の自分に向けての教訓としてとらえれば次の解釈が一番しっくりきます。

 

「花を手折ればその香りが自分の服に染み込むように、何事もあきらめず努力すればそれが自然と自分のものになる」

 

こんな素敵な禅語に出会うことが出来るので、何度もお茶室へ通いたくなるのです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ