愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

建築士の目線

 

名所でも建築士ならではの目線

 

旅行の際には事前にガイドブックを見て行先を決めておきます。

 

見る物が建築物の場合には予めホームページなどで概要を調べておくこともあります。

 

見るべきポイントを抑えておくためです。

 

観光名所にも建築物や構造物があるので建築雑誌などに載っているものは事前にチェックします。

 

今回訪れたところは、そうした建築を目的ではなく単に「絶景が見たい」という気持ちで選んだところでした。

 

以前から「琵琶湖テラス」のような広いテラスからの絶景を見たいと思っており、今回の小旅行にもそうしたテラスがあることを知ってどうしても行きたくなったからです。

 

場所は志摩市にある「横山天空カフェテラス」。

 

写真のように絶景が楽しめるテラスです。

 

この絶景を求めてやってきました。

 

観光スポットの構造物にも注目してしまう

 

英虞湾を一望できるテラス。
テラスへ至るスロープの基礎まわり

 

資料によるとこのテラスの床は三重県産のヒノキを使用しているとの事。

 

あえて「三重県産」としているのはブランドの「尾鷲ヒノキ」ではないのでしょうか?

 

たぶん「尾鷲産」でしょうね。

 

こうしたことを考えているあたりで観光客目線から建築士目線へとスイッチが切り替わります。

 

展望台の床下は下が険しい傾斜になって高低差もあるので、近くに寄って構造を確かめることは出来ませんでしたが、展望台までのスロープは折り重なっているので、間近に見ることができました。

 

床を受ける部分(梁桁)は鉄骨造ですが、荷重を鉛直方向で支える部分は木材(ヒノキでしょう)が使われていました。

 

基礎やその上のベースプレートの納まり、そしてベースプレートと柱脚の納まり、さらに柱頭部の納まりなどたくさん見るところがありました。

 

写真を撮影したり、目で見て納まりを考察したりしていると本来通過動線であるスロープにしばらく留まることになります。

 

一般の人には不思議な人に思われているかも知れませんね。

 

でも建築に携わる人には共感してもらえますよね?

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ