愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

外構のアクセント

 

外構にアクセントを設ける

 

都心と郊外では土地の価格が違うので、外構まで含めた住宅建築の予算が同じ場合には郊外の方が広い土地に住めることになります。

 

当社のある北名古屋市は川を越えると名古屋市になり、会社からは車で30分もかかることなく名古屋駅に行けたり、電車では最寄り駅から10~15分程度で名古屋駅に着くことができたりします。

 

そんな便利な街ですが、名古屋駅までの所要時間が倍以上かかる名古屋市内(特に名古屋の東エリア)の土地の方が北名古屋市より坪単価がかなり高いのです。

 

経済性を考えると、交通の便の良い郊外に家を建てた方が駐車場はもちろんのこと、お庭がしっかり確保できる余裕のある土地を購入した方が良さそうです。

 

そんないいことの多い郊外の土地ですが都心より広くなる外構に費用が掛かることを考えておかねばなりません。

 

つまり敷地が広くなると、敷地を囲う塀やフェンスも長くなるのです。また駐車場も余裕がある敷地では多めに整備することもあります。

 

ただでさえ広い敷地で全てしっかりデザインして整備すると相当な費用が必要となります。

 

とは言っても何も手を掛けないのは建物の印象も良くならない。

 

そこで、外構にアクセントを設けてその家「らしさ」を演出して印象を上げる方法もあります。

 

外構にワンポイントのアクセント

 

道路に面したアクセントウォール

 

道路に面して駐車場を設けてありますが、花壇スペースを設けて道路と駐車場にワンクッションを付けています。

 

普通に中低木を植えてもいいのですが、住宅のテイストに合わせて、デザインした高低差のある連壁を設けました。

 

構築物なのですが、アースカラーの塗装が優しい印象を与えてくれます。

 

ガーデンライトもありますので、夜には壁の前から後ろから壁を浮き立つように照らします。

 

デザインをしたのは他には門廻りで、それ以外はごくシンプルに仕上げて広い敷地にかかる外構の費用を抑えるようにしています。

 

既製品には出せないアクセントウォールの雰囲気でこの家「らしさ」を演出しているのです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ