愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

廊下

 

住宅の廊下のいろいろ

 

田舎家の造りではいわゆる「田の字プラン」で各部屋が襖や戸で仕切られているのですが直接つながっているタイプの造りが一般的です。

 

私が育った家も玄関からすぐに一つ目の和室があり、4つの和室が直接つながっていました。

 

一つ目の和室は家族団欒の場、奥の和室が仏壇のある部屋。

 

一つ目の和室の横は予備の和室で小さい頃兄弟で寝起きしていました。

 

仏間のある和室は寝室として使っていました。

 

今はないので記憶を頼りに思い出しながら書いていますが、一部水廻りへ至る部分を除いて廊下らしい廊下はありませんでした。

 

少し年代が新しくなり、多摩や高蔵寺、千里といった都市圏の郊外の団地でダイニングキッチンスタイルと独立した個室が主流になるとそのトレンドが戸建て住宅にも反映されてリビングとダイニングキッチンと独立和室といった間取りが多くなってきました。

 

その頃の家に耐震診断でお邪魔すると玄関から奥のダイニングキッチンまで長くてちょっと暗めな廊下でつながっている家が多く見られます。

 

2階も今と違ってベビーブームの影響からでしょうか、特に建売住宅では部屋の多さが住宅の評価にも

 

つながっていて、複数の部屋に至る長い廊下のある家も見られます。

 

最近の事例では1階では広いリビング空間を作ったり、リビングアップの階段を設けたりするので廊下スペースが少なくなってきました。

 

2階も余分に部屋数を確保するのではなく必要なだけの部屋を作り、そこに至る廊下も階段の位置を工夫して極力短くなるように配慮しています。

 

特に2階の廊下はスペースを少なくするだけでなく、採光にも気を遣います。

 

2階の廊下いろいろ

 

吹抜けに面した廊下
こちらも吹抜けに面した明るい廊下
少し長めな中廊下には採光の工夫が。

 

2階の各部屋から等間隔に近い位置に階段を設けると、廊下のスペースを節約できます。

 

1番目と2番目の事例は吹抜けに面して廊下があるので日中はいつも明るく、移動も安全にできます。

 

3番目の事例は部屋数が多くて縦長の敷地だったこともあって廊下も少し長くなっています。

 

廊下の先には採光窓を設けてさらにできるだけ明るさを確保するために階段に面した手すりを壁ではなく格子状にしています。

 

時代に応じたライフスタイルの変化によって間取りも変わっていますが、使い勝手のいい快適な間取りを作ろうと検討する考えはいつの時代も変わりません。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ