愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

手すり

手すりの形状と解放感

 

階段や吹抜けに面した2階の廊下には手すりを付けます。

 

機能的には階段の上り下りや高所での通行の安全性を確保するためのもので、建築基準法によっても高さなどの規定があります。

 

以前は階段の手すりは必須ではなかったので見た目に非常に開放的な階段もありました(上り下りには緊張しそうなものまでありました)、最近は必要になっています。

 

手摺を構成する要素としては手すり格子や壁があります。

 

壁で構成する場合と格子で構成する場合、あるいはどちらも取り入れた場合などを紹介していきます。

 

①格子だけで構成された手すり

 

2階の階段室に設けた格子手すりです。

 

フロアの中ほどに設けてあるので手すりを壁状にすると圧迫感もあり、また下の階への採光の面でも不利となります。

 

そこで手すり部分をすべて格子にして開放感のある明るい階段となりました。

中廊下に設けた階段室を明るくし開放的も感じる格子手すり

 

②壁と格子の組合せ

 

吹抜けに面する2階の廊下の手すりも壁状にしたり、格子状にしたりといくつかのスタイルがあります。

 

吹抜けに面して設けているので、安全性はもちろん確保していますが、高い所が苦手な方には手すりが格子状ですと、少し怖い感じがするようです。

 

しかしながらすべて壁状にするとせっかく解放感のある吹抜けとの関係が微妙になってきます。

 

そこで壁と格子の両方を組み合せることもあります。手すり部分にリズムも生まれます。

吹抜けに設けた廊下の手すり。壁と格子の部分にリズムがあります。

 

③手すり壁

 

間取りによりますが、玄関ホールなどに階段の上り口を設ける場合に階段手すりの一部を設けるケースもあります。

 

ここでも手すりを格子状にすることもありますが、立ち上がる手すりの部分が少しの場合は多くは壁状にします。

 

玄関ホールに設けるときには下駄箱や収納との関係で格子状にすることができないケースもあります。

 

安全性はもちろんのこと、インテリアテイストや安心感など様々な点から手すりの種類や納まりがあります。

玄関ホールに設けた階段の手すり

 

それをどのように造っていくかを打合せしながら決めていきます。

 

その際にはいくつもの施工例やそれぞれの手すり形状を選択した理由などもお伝えしていきます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

資料請求はこちら:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

4月20日(土)・21日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

http://www.daisei-kensetsu.co.jp/大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ