愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

ピアノ置き場

ピアノをどこに置く?

私事ですが、学生時代を含めて引っ越しは7回経験しています。

そのうち家族を伴っての引っ越しは3回。

最初の引っ越しは独身のため、布団と最低限の洋服と家電という簡単なものでしたが、引越しを重ねる度に運ぶ家具や荷物が増えていきました。

住まいがアパートやマンションの場合は、その間取りに合わせて家具や荷物をレイアウトしていきました。

それゆえに特に置くものが大型の場合、時には本来の場所に置けない家具などもありました。

ピアノもその一つ。

グランドピアノはもちろん、アップライトでも他の家具をはるかにしのぐ存在感があるので、奥さんが小さい頃から使っていたピアノを引っ越し先に置けない場合もありました。

幸い東京からこの地へ戻るにあたって戸建て住宅を設計して住むことができることなり、最初から置き場を設定して家づくりを進めることができました。

ピアノは重量があるために木造住宅の場合には、床の補強は欠かせません。

普通の家具のように最初に置いた場所が気に入らないからといって後から簡単にレイアウトを変えられるものでもありません。

どこで使うか、どういった場面で使うか。また使う頻度は、などいろいろな条件を整理して配置を決めてその範囲の床を少し広めに床補強をしました。

こうして我が家ではイメージに合った配置ができました。

だからこそもうたぶん40年以上は経っていると思いますが、今でも毎年調律して大事に使えています。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

施工事例などの資料をご希望の方は こちら をクリックしてください。

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

4月20日(土)・21日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ