愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

鬼瓦

視線を感じた先に

週末にある地区のまちづくり会の研修にお誘いをいただき、琵琶湖の湖西方面に見学に行ってきました。

彦根や長浜、そして近江八幡など湖東方面は名古屋からも近く何度も訪れていますが、湖西方面はなかなか行く機会がありませんでした。

数度の訪問でも普通の観光が主で街並みをじっくり散策して建物を見学という機会はなくて、今回は貴重な経験でした。

その中でボランティアガイドさんの案内で堅田地区の建物をご案内いただきました。

堅田地区は由緒あるお寺が多く、その中の大徳寺派のお寺であの「一休さん」も修行された「祥瑞寺」を見学した時のこと。

苔の美しい庭に建つ立派なお堂のフォルムや懸魚(けぎょ)などのディテールを見ていた時に、なにか目線を感じました。

屋根の上に目を遣ると、そこにはお決まりの鬼瓦。

でも少し趣が違う。

鬼瓦の鬼がちょっとかわいらしい表情をしています。

鬼瓦でもこうした鬼の顔がないものも多いのと、鬼の顔がある場合は魔除けの意味もあるために少々怖い表情のものが一般的です。

それに対してこの鬼瓦、男の子が威張って「僕が守っているぞ」といった表情にも見えてきます。

このデザインは一休さんとは関係がないと思いますが、自然体で人や物に接してこられた一休さんの姿を連想して、なんだかほのぼのとした気分になりました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ