愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

ダイニングキッチン

ダイニングのテーブルの位置

昭和40年代からの住宅建設ラッシュの頃は、多摩ニュータウンやこの地域では高蔵寺ニュータウンなど2DKや3DKといったn+DK(nは部屋の数)型の住宅団地が主流でした。

食事はダイニングキッチン(DK)で、テレビを観たりする家族団欒は部屋で、そして就寝時は団欒の部屋も片付けて寝室の一つとして使われるスタイルが一般的でした。

平成に入っても、アパートなど小規模賃貸住宅ではnDKタイプの住宅がたくさん造られました。

注文住宅でも平成の時代になる前まではn+DKの間取りが多く造られました。

その後ライフスタイルの変化や家族間でも個人のプライバシーを重視する傾向になって、団欒の部屋と寝室は別に設けるようになっていきました。

そうして団欒のための空間としてリビングが生まれ、n+DKからn+LDKという間取りに変化していきました。

当初はリビングを独立して設けることもありましたが、現在ではLDKを一つの空間に収める間取りがほとんどです。

食事もテレビ鑑賞なども家族の団欒としてとらえればこうした空間構成の方がいいと思います。

しかしながら、団欒と食事というそれぞれの機能を分けて考えたいという方からは、広く開放的なLDKはいいのだけれど、リビング空間と何らかの区分けをしたいというご要望も出てきました。

そうして部屋は一体でありながら、部屋のレイアウトを工夫してDK+Lというゾーンを作るプランも生まれました。

ゾーンを分けると、例えば写真のようにリビングゾーンは吹抜けにして解放感いっぱいの空間にして、DKは天井高を抑えて落ち着いて過ごせる空間とすることもできます。

それぞれのご家庭のライフスタイルによって間取りは変化していきます。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。 

施工事例

ページトップ