愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

床座

リビング+ダイニングに床座

昨日に続いてリビングにソファを置かないケースです。

キッチンとリビングダイニングが直線状につながっている場合、対面キッチンにダイニングテーブルをくっつけて、少し離してリビングのソファ、テーブル、テレビ台というレイアウトになるのが普通です。

こうした条件でキッチンとテレビ台は残して、あとは床座を選択するとどういった感じになるでしょう。

写真はそうした床座の例です。キッチンとテレビ台の間に大きなテーブルを置いて床座できるようにカーペットを敷いています。

食卓にもなりますし、座ってゆっくり寛いだり、テレビを観たりすることができます。

また大きなテーブルなので家族以外のお客様が来てもある程度の人数なら対応も可能です。

こうしてとてもフレキシブルな使い方ができるようにうまく考えて床座を選択しています。

床座といっても選定する家具やアイテムによっては、「和」っぽくなくて、リビングにも自然と馴染んでいます。

さらにこのお宅は1階と2階の間に半階の空間を挟んでいる2.5階建てになっています。

リビングダイニング空間の天井が高く開放的で、なおかつテレビ台の後ろには半階ステップアップするとセカンドリビングが配置してあり、そちらでも寛ぐことが出来るようにプランニングしました。

リビングのソファを持て余している方に参考になれば幸いです。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

リビングのソファー

リビングのソファーは不要?

リビングに置く家具セットと言えば、ソファーとテーブルあとはテレビ台などが思い浮かびますね。

間取りを作成してリビングの検討をする時にも、こうした家具セットをレイアウトして大きさや使い勝手のチェックをします。

この時にはリビングにはソファーを置いています。

住宅が完成してお引渡しして、しばらく経ってお邪魔すると家具がレイアウトされて、お引き渡し時の何もない空間が見違えるようになっています。

その中でリビングに置いてある家具を見ると、やはりソファーを置いているお宅がほとんどです。

しかしながら時々ソファーを置かずに床に直接座る形でラグやクッションを置いたリビングに出会います。

写真もそうした例です。

世代によっては違うのですが、私は家族団欒というと特に冬などは、和室にこたつを出して座布団に座って寛ぐイメージです。

こうしたことからソファーという少し高い位置で座る形の家族団欒にはなんとなく慣れていないのです。

お客様の中にもこうした方もいて、ソファーはあるけれど寝転がる時以外は床に座っているというお話しもお聞きします。

そうしたことで思い切ってソファーを置かずに、床に座るようにという方もいるのです。

写真のお宅で座らせていただきましたが、とても居心地がよかったです。

この季節はここにラグを敷いてこたつで団欒というのもいいですね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

フェンス

外構のフェンスを使い分け

まもなくお引渡しのお宅でお客様との打合せのために現地に行きました。

外構のウッドデッキや門、塀、駐車場とフェンスなどほぼ終わっています。

駐車場も4台確保できるなかなか広い敷地で、外構のヴォリュームもかなりあります。

その中でフェンスは位置や用途によっていくつか使い分けをしています

例えば建物の外観に合わせてメインの門や塀、そしてフェンスは少しデコラティブな雰囲気の物を選んでいます。

また駐車場のフェンスは前面道路が狭いので、見通しのよいタイプにしています。

門を挟んで建物側のフェンスはフェンスの前が月ぎめ駐車場となっているので、少し遮蔽性のあるものにしています。

完全に遮蔽してしまうと、泥棒が敷地内に入ると外からは見えなくなるので、防犯性が悪くなります。

現地でも遮蔽性の具合を確認しましたが、隙間から覗き込むようにしないと中の様子はわからないので、このタイプを選んで正解でした。

写真でもこうした3つのフェンスの様子が見てとれますね。

このように敷地やゾーンを仕切るフェンスは用途によってデザインや形状を検討しているのです。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

玄関の採光

玄関の採光を確保

プランニングをする時に、玄関の位置は最初に気を付けるうちの一つです。

家相を気にする方はもちろん、そうでない方も一応「鬼門」と「裏鬼門」についてはその方向に玄関や不浄のものを避けて配置をすると安心していただけるからです。

敷地に余裕があれば問題はないのですが、敷地の形状や間口などで玄関の位置を決めるのに苦労することもよくあります。

玄関の位置とともに工夫するのが玄関の採光です。

玄関ドアや玄関引戸にも窓がついているタイプもありますが、それだけでは玄関やホールを明るくするには足りない。

玄関ドアの窓を大きくしたら防犯などに気を遣わなければなりません。

そこで窓を設けるのですが、間取りによってはなかなか確保が難しいこともあります。

玄関ドアの横の壁に設けられればいいのですが、玄関のサイズによっては難しいこともあります。

そこで玄関ホール側に設けることになりますが、間取りによって様々な位置が検討されます。

写真の玄関は正面の壁の先には中庭があって、明るさが確保できることから、そこに窓を設けました。

大きな窓を設ければより明るくなるのですが、プライベートな中庭なので玄関から「丸見え」になってはいけませんので、目線を避けて上下に窓を設けました。

間には壁ができるので、ニッチを設けて「アイストップ」の効果も考えました。

玄関ホールに窓を設けるスタイルは他にもいろいろありますが、結果として明るい玄関が出来上がるととても気持ちのいい空間になります。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

空き家対策

空き家の対策のガイドブック

業界のニュースサイトで東京都がまとめた空き家関係のガイドブックが載りました。

私も地元の自治体の空き家対策の委員会に所属している関係で、記事に目が行き、都のホームページからダウンロードしてみました。

40ページ強の冊子で挿絵も入っていて読みやすくなっています。

内容は都に寄せられた空き家の相談を基にまとめたものです。

最初に事例の分類から行っています。

一口に空き家の問題と言ってもいろいろな面から問題点が顕在化していきます。例えば土地や建物といったハードな問題。あるいは人やお金といったソフトの問題。

こうした分類をして、具体的な相談事例もあってどのように解決に導いたのかを紹介しています。

さらには空き家解決のためのチェックリストもまとめてあり、とても分かりやすい内容です。

人口の動態によると首都圏への一極集中がますます顕著になってきており、他の圏域と比べると空き家などの住宅事情も悪くはないと思われますが、少子高齢化が進む環境下では都心でも空き家の問題解決が必要になってきているのですね。

空き家の問題に直面している方や今後心配される方はぜひダウンロードしてご覧いただくことをおすすめします。

また当社でも空き家の利活用などの相談をお受けいたします。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ