愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

敷地と道路

敷地と道路の関係

角地に住宅を計画する時に敷地の大きさや形状、道路の幅員によっていろいろなケースが考えられます。

角地では道路が狭いと角の部分で車がカーブしにくいので敷地内に乗り入れる可能性もあります。

一方の道路が広いとそうした心配も少なくなりますが、曲がりやすいので何もないとつい乗り入れてしますこともあるでしょう。

家の車を角付近に置いておくとぶつかったりするトラブルにもなりかねません。

そこで角にグリーンゾーンなどの緩衝帯を設けて対応します。

イメージ図はその一例。

一方の道路はかなり広いので少し鋭角になっていますが、車の右左折には支障がありません。

そこで花壇などを設けて乗り入れと駐車場の車への影響を無くしました。

敷地に余裕があるので緩衝帯を設けても車は3台駐車可能で、建物の南には十分スペースがあってお庭やリビングからのウッドデッキも設置可能です。

土地探しの方の一番人気の南側道路の敷地ではありませんが、北道路などの土地は南道路の敷地より単価が低いのでこうした余裕を持った建物配置ができる敷地もあるのです。

シミュレーションはすぐにできますので、気になった土地があればお問合せください。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ