愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

和室の仕切り

和室の仕切りはいらない?

間取りのご要望の中で和室はいらないというケースはどちらかというと少ないです。

本格和室ではないものの「和」の空間は設けたいというお客様が多いのです。

和室としてそれなりの大きさが取れない場合でも、「タタミコーナー」としてリビングの一角に設ける場合もあります。

以前も書きましたが、和室の位置はリビングと続き間の間取りが圧倒的に多く、リビングと一体で広々使ったり、和室だけで使ったりとフレキシブルに使うことを想定しています。

そうしたリビングと続き間の和室は襖などで仕切りがある方がいいのか、あるいは無くしてオープンにするのかはご意見が分かれるところです。

仕切ることをご希望される方は、来客対応や将来の個室としての利用を考えてのことです。

この場合も仕切りの襖をできるだけ多く開けることによって普段はリビングとの一体感を持たせます。

一方仕切りを設けない場合は和室がコンパクトなサイズのケースが多く、「和」の空間を設けつつリビングとの一体感を重視した間取りとなっています。

家族と同じ空間にいながら「タタミでごろ寝」といったシーンを希望されるご主人には最適な場所なのかもしれません。

この季節はこたつを出してお鍋やミカンを食べるシーンも似合いますね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

飾り窓

書斎に飾り窓でアクセント

内装の下地工事が進んでいる現場で書斎の飾り窓が付きました。

一般の書斎とは違ってここのお宅では奥様が在宅でお仕事をされるので、そのためのワークスペースとなっています。

その場所もキッチンのすぐ横に作ってあります。

まだお子さんが小さいので家事をしながら、お子さんの様子を見ながらお仕事ができるように配置しました。

またドアや壁で囲われたクローズの空間の書斎と違って、ここではドアもないセミクローズの空間としています。

壁にも開口をあけて、仕事中にもお子さんや家族の様子がわかるようにしてあります。

でも単に開口を開けるだけでは少し味気ない空間となりそうなので、飾り窓風の枠を取り付けました。

内部の窓なのでガラスはあえてはめていなくて、家族の声が聞こえるようにしました。

部屋として確保し仕事場としての機能は十分に備えつつ、家族からは孤立せずに家族の中で仕事ができる。

奥様のイメージに沿った形の部屋となりました。

途中経過を報告しましたが、とても出来上がりを楽しみにしているご様子。

こちらも完成したこのスペースがとても楽しみです。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

節のある材料

梁や床材などに節

内装の床や腰壁、そして化粧梁に無垢材を使ってナチュラルな雰囲気に仕上がりました。

無垢材の種類や仕上がり具合はたくさんあって、お客さまもなかなか選定に苦労します。

木の種類によっては赤身が強かったり、反対に白身が強かったりと全体の色の印象も変わってきます。

また材に節目があるかないかでも同じく印象が変わってきます。

写真のお宅は床に赤身と白身が混じった床材を選びました。

赤と白が混じり合うので業界では「源平」とも呼ばれています。

「源平」でも節のある材とない材を選べるのですが、ここでは節ありとしました。

節のないものでそろえるためには全体の材料から節のないもの選んでそろえる必要があるために、少々割高になります。

コスト面はさておき、節のある材の方が自然の風合いも感じられていい感じです。

床材にならって腰壁や吹抜けの化粧張りも節のある材を選びました。

全体の雰囲気もそろいました。

無垢材なので、経年変化による色の変わりゆく様も楽しみな空間です。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

ウッドデッキ

ウッドデッキのいろいろな使い方

住宅の平面計画をする際に、整形の平面を一部切り取った形で作ることがあります。

少し前にお引渡しした事例では南側の道路に面してお庭を作ると道路から近いのでプライバシーと防犯の点から難しいので、整形の平面を一部切り取って中庭としてリビングとダイニングから出られるようにしました。道路側には目隠しフェンスを設けてあるので、プライベート感がたっぷりのスペースになりました。

また現在工事中のお宅でも水路とその先の道路に面して「コ」の字の形の平面を設けて明るい中庭にしています。

このようにいろいろ事例はあるのですが、主には寛ぎのスペースになっています。

写真のお宅もそうした整形の平面の一部を切り取ってオープンスペースにした事例です。

このスペースは寛ぎのスペースという用途以外にあと2つの目的を持って造られています。

そのうちの一つが洗濯物干し場。

写真の真ん中にある引戸はリビングからウッドデッキに出るためのものですが、やや左にあるドアは洗濯機のある脱衣場にからのドアです。

洗濯したものをすぐに干せるのでとても便利です。

さらにもう一つの目的はお風呂への採光です。

窓がウッドデッキ側に面しているので、隣家の目を気にすることなく比較的大きな浴室窓をつけることができます。

整形の平面を一部切り取るといろいろな使い途が考えられますね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

家相

家相と間取りと外観

間取りを考える際にお客さまの方から家相や風水を基に、部屋などの配置のイメージをお伝えいただくこともあります。

中にはその方面の専門家に見てもらってそれに基づく間取りの作成依頼もあります。

他にも風水の本なども多く出ており、その本を持って来られる方もいらっしゃいます。

そうした明確な家相や風水のイメージを持たなくても、「なんとなく」昔からいわれている「鬼門」、「裏鬼門」といった用語はご存じで、やはり間取りを作るならそれは考えて部屋の配置をしたいという方が大半です。

間取りは敷地の形状や方位、道路の位置などによっても大きく変わってくるので、「鬼門・裏鬼門」の位置もそれぞれチェックしなければなりません。

「鬼門・裏鬼門」の位置から避けた方がよいと言われているものの一つが玄関です。

方位によっては、玄関はそれなりのスペースを取るので部屋の採光などにも影響が出るケースもあります。

また玄関は外からのアプローチで目立つ位置に来ることも多いので外観にも気を付けないといけません。

玄関部分と建物全体のバランスや形状など3Dなどを使って検討をしていきます。

画像もそうした点を考えて初期の段階でまとまったイメージパースです。

他の要素も検討しながらイメージを固めていきます。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

1月26日(土)・27日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ