愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

ロフトの居心地

ロフトの居心地も悪くない

 

先日他県の工務店さんが当社の建築中のソーラーサーキットの現場を見学に来られました。ソーラーサーキット工法を取り入れることを検討しているとのことで、工事中の現場を特に見たいとのご希望でしたので、お客様にご了解をいただいて見学いただきました。

 

工法の概要の説明をしながら断熱材の納まりなどを見ながら、気密性能の数値などのお話になって、ソーラーサーキットの性能値にとても驚かれていました。

 

気密、断熱、通気がソーラーサーキットの家が「夏快適に冬暖かく過ごせる」ための施工の「キモ」になるところなので高いレベルが求められます。

 

最近は朝晩が冷え込むようになってきましたが、晴れている日中は暖かい陽気です。

 

施工中の現場でも断熱材が貼られ、サッシが取り付けられると普通はやや暑く感じられるのですが、この現場はロフトに上っても快適な気温です。

 

 

実際に見学していただいた工務店の方にも上っていただきましたが、その温度にびっくりされていました。

 

屋根に断熱材が入っていて、さらに屋根面も外壁面のような通気層があるので熱がこもらない。

 

そうしたことを説明しました。

 

当社の工務担当も質問を受けていて、いろいろな面で参考になったと思います。

 

この見学を通じて一つでもソーラーサーキット工務店が増えることを願って、見学会を終えました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

11月23日(祝)・24日(土)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

和の玄関

玄関を引戸にして和の雰囲気

 

住宅の立地によって建物のデザインや建物に付属する部材なども考慮することがあります。

 

伝統的な建物が建ち並ぶ保存地区には、協定といった制限があったりします。それによって建築の「コード」が決められて、街の雰囲気が保たれます。

 

そこまでの制限のない地域でも、例えば旧街道沿いで街並みがある程度残っているエリアではある一定の配慮をすることもあります(諸事情で出来ないこともあります)。

 

写真も保存地区ではないのですが、旧街道沿いで所々昔の面影が残っているエリアで建替えをした事例です。

 

 

お客さまは若い世代でしたが、この地に生まれ育って以前の建物にも思い出があって、建替えるにしても和の要素を取り入れたいとのご要望でした。

玄関の上には瓦屋根の庇を設けており、見上げると無垢の腕木や野地板、垂木が見えます。

 

その下には格子がはまった引戸。本来はここも無垢の製作品としたいのですが、耐久性やメンテナンス性を考えて既製品でイメージに近いものを選択しています。

 

またFIXの窓に移り込んでいるので見にくいのですが、この玄関の前には旧街道に沿って格子壁を設けました。

 

マクロの目線では、新しい住宅の雰囲気は否めませんが、歩行者などヒューマンスケールでは和の雰囲気を感じられると思います。

 

住宅のまわりの環境とお客さまの思いで実現した意匠です。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

11月23日(祝)・24日(土)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

電気配線

照明やコンセントの位置確認

 

上棟して内装の下地の工程に入る前に、電気配線の最終確認をします。

 

先日上棟したソーラーサーキットのお宅もその時期を迎えました。

 

平面図を基に当方で作成していた図面を見ながら決めていきます。スイッチやコンセントそして照明の数と位置を一部屋ごとに確認していきます。

 

それぞれの位置や数に関しては、住まい手の住み方によって異なるので、住まい方のイメージを抱いていただきながら、また動線も説明しながらの確認作業となります。

 

照明に関しては今回はアクセントとなる照明があるので、その器具のイメージなどもお見せしながら説明していきました。

 

そしてコンセントは現在お持ちの家電の接続状況をお聞きして、増やしたり減らしたりします(減ることは稀ですが・・)。

 

 

こうして決定した電気配線を現場に反映することになります。

 

時には、「やっぱりこうしたい」、「ここにもう一つコンセントが欲しい」といったご要望も追加で上がることもあります。

 

そうしたご要望も間に合う限り、柔軟に対応させていただいています。

 

でも時には住んでから、「コンセントを少し多めに希望したけど、使ってないところもある」といったお声を聞くこともあります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

11月23日(祝)・24日(土)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

個性

個室の内装の確認

 

内装仕上げが終わって、設備機器も取付けられて間もなく引き渡しのソーラーサーキットのお宅です。

 

工事のための養生もはがされて、内装の様子がしっかりと確認できるようになってきました。

 

このお宅はお子さんが3人である程度大きいので、それぞれの個室が初めから計画されました。

 

全室南向きのプランニングで、各部屋の大きさ、収納やロフトの大きさまで同じように設計しました。

 

リビングなど共有スペースの内装は皆さんできめましたが、お子さんの部屋の内装は3人がそれぞれ自分で決めました。

 

3人それぞれの部屋は入口のドアから異なっています。つまり廊下から見ると3色のドアが並んでいる状態です。

 

3色はナチュラル、ホワイト、ダークといった方向性がはっきりと分かれました。

 

写真はダークのドアを選んだお子さんの部屋です。ドアに合わせて床や窓枠の色も統一感を感じるチョイスになりました。

 

 

内装壁はクロスです。見本ではなかなかチャレンジ感のあるものでしたが、貼ってみるとテイストにしっかり馴染んでいる感じで、とてもバランスのいい部屋に仕上がりました。

 

あとはこのテイストに合わせて自分で部屋を進化させていく事でしょう。

 

住んでからお邪魔するのが楽しみな部屋です。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

10月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

スライド式本棚

スライド式の造り付けの本棚

 

お客様の中にはたくさんの本をお持ちの方もいます。

 

今は本を買い取ってくれるお店やご自身でネット経由で売られるケースもあって、お持ちの本を整理される方もいらっしゃいます。

 

メルカリやヤフオクなどの浸透で、収納スペースを有効に使うために、本だけでなく衣類その他の雑貨もそうしたルートで整理するのが特に抵抗なくなってきています。

 

それでも本はなかなか整理して買い取ってもらうとなると踏ん切りがつかないこともあります。私もその一人です。

 

キンドルなど電子ツールを使って読む本もあるのですが、手に取ってしっかり読みたい本はどうしても本物を買ってしまいます。

 

そうして本がどんどんたまっていきます。

 

今建築中のお宅でも、ご主人がかなりたくさんの本をお持ちで、それをきちんと納めたいとのご要望がありました。

 

納めるとともに納めた本を確認したり、容易に取り出して読みたいとのご要望もあって、スライド式の本棚で対応することにしました。

 

 

既製品でもスライド式の本棚はあるのですが、きちんと造り付けで納めるために製作をしました。

 

製作品なので予定していた場所にピッタリ納まり、色も建具に合わせて同色でそろえているので自然に納まっています。

 

お客様にも見ていただきましたが、とても満足されたご様子。

 

前後のスライドと棚は可動式となっているので、いろいろなタイプの本がしっかり収納できることでしょう。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

10月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ