愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

26 March

餅まき

餅まきの行事を再現

私の小さい頃は家の建前(「たてまえ」、上棟とも言います)の時には、地元のお宅でお祝いの「餅まき」の行事が時々あったものです。

近くで行われた時には行ったり、大工をしていた父親がもらってくる餅やお菓子、そして紙に包んだ硬貨の「おひねり」をもらったりするのが楽しみでした。

家を建てる、そしていよいよ上棟までこぎつけた、そうした喜びを近所の方々と分かち合う気持ちとこれからの工事の安全とご近所への工事中のご理解を願っての行事です。

こうした行事も最近ではほとんど見なくなり、私が今の会社に戻ってからは、記憶の限りでは数件行った程度です。

お餅やお菓子などを用意するお客様側も大変なのですが、ご近所とのお付き合いも冠婚葬祭のほとんどをご近所さん同士で助け合っていた以前と比べると変化が生じてきていることから、餅まき行事もだんだんと無くなってきたのです。

そうした餅まきを再現しようと、先週の土曜日に当社で年に3回ほど行っている「木のおうちマルシェ」というイベントで再現をしてみました。

お餅の他に袋詰め菓子などを作業場の屋根の上からまきました。

集まっている皆さんにお聞きしてみたところ、餅まきの体験をした人は年配の方ではいらっしゃったものの若い世代を含めて初めての方が多かったので、再現ながらいい経験をしていただけたのではないかと思います。

上棟の度に毎回は難しいかも知れませんがご興味のある方は、やり方などしっかりお伝えしますので是非やってみてはいかがでしょうか?

受け取る側も楽しいのですが、餅をまく側はもっと楽しいのです。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

19 March

景観

横浜の都市の景観

今日も3月の初めに建材メーカーさんの大会が横浜のみなとみらい地区であったので行ったときの記事を書きます。

みなとみらい地区での宿泊は実に20年ぶりでした。当時は所属する団体の全国大会のような催しがあって宿泊したホテルも偶然同じでした。

当時を思い出しながら部屋からの眺めを確認すると、かなり様変わりしている様子でした。

みなとみらい地区は三菱系会社の開発が主に進められてきたと記憶しています。

20~30代に東京で仕事をしていた頃は三井系の会社に所属していたので、この地区の開発は概要は知っていたのですが、その関係性から実際に開発に携わったことはありませんでした。

当時は空き地が多かったようですが、商業系の施設もたくさん建って街のボリュームも大きくなっています。

また遠くには建設中のビルが何棟もあって、東京圏の活発な建設活動がうかがえます。

10年ひと昔と言いますが、20年も経つと本当に別の都市にでも来たような感覚にもなります。

昨日も書いたとおり少し時間があって付近を散策みて、高層からの眺めと、実際に歩いてヒューマンスケールでの街の様子を確認してみました。

そこで感じたのですが、やはり一つの街区が大きくてその街区の中には様々な設えもあり街区内にいる時には感じないのですが、街区間を移動する際にはとても退屈な感じがしました。

道路も広く歩道も整備されているのですが、何となく味気ない感じがします。

そもそも「散策」という事ではなくて、一つの施設にどれだけ長く滞在するかを主に考えたまちづくりなのでしょうか。

各施設ともそれぞれで駐車場のスペースは充実しているようでした。それゆえに車でのアクセスはそうしたことは感じないのでしょうか。

なにか「大味感」が気になる散策でした。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

18 March

赤レンガ倉庫

横浜の赤レンガ倉庫を再訪

3月の初めに建材メーカーさんの大会が横浜のみなとみらい地区であったので行ったときの記事を書きます。

みなとみらい地区へは名古屋から新幹線で新横浜で降りて、地下鉄や東横線、JRなどいくつかのルートがあって地区ができた当初より便利になっています。

私は以前横浜市民(保土ヶ谷区に住んでいました)であったので、そのアクセスの良さと選択肢の多さにびっくりしました。

また当時はこの地区はランドマークタワーと展示場、遊園地、美術館そして一部企業のビルがあるだけで、空き地も多くありました。

海に近くて綺麗な地区なので何度も訪れましたので、懐かしさと地区の整備された様子に驚きを感じた複雑な感じでした。

翌日少し時間があったので以前行ったことのある赤レンガ倉庫まで足を延ばしてみました。

ここは明治末期から大正期に建てられた、横浜税関の倉庫だった場所です。

戦後すぐはGHQに接収されていましたが、返還後は倉庫として使用されその後しばらく使われていなかった時期を経て、商業施設として生まれ変わりました。

2つの建物があって、それぞれがレストランなどの飲食店、そして雑貨やお土産物などの店舗が入っています。

そうした関係で遠景では当時の雰囲気があるのですが、近くによるとテラスが設けてあったり、開口が開けられたりしてファサードをいじっているのがよくわかります。

利活用を考えていけば止むを得ないのでしょうか。

再訪して改めて感じたのですが、ちょっと「やりすぎ感」が勝っているような気がしました。

それ故に今回はディテールを見たり、少し目線を上に遣って当時の雰囲気を味わうようにしました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

17 March

茶屋の街並み

茶屋の街並みを見学

金沢市内に残る街並みを見学してきました。「ひがし茶屋街」と呼ばれて国の「重要伝統的建造物保存地区」に指定されている街並みです。

幕末に加賀藩よりこの地を茶屋街として整備されたのが始まりです。

茶屋としての機能はなくなりましたが、現在でもその雰囲気は残されて、飲食店舗やおみやげ店などになっています。

格子戸と平入りの2階建て建物が連なる光景は、当時の面影をよく残しています。

こうした街並みが保存されている地区は全国でいろいろあります。

ここの特異な所は、すべてが茶屋の建物が連なって構成されているというところです。

街道沿いの地区では同じような平入りの2階建てでも2階の階高がほとんどが低く造られています。中へ入って2階に上がると天井が低く圧迫感を感じます。

それに比べて茶屋街の建物は1階より2階の階高がしっかりとってあります。当時の雰囲気を残して保存されている建物の一つを見学しましたが、2階に上がっても天井高さがしっかりとれているので、圧迫感もなくゆったりした造りになっていました。

これは客間が2階にあって芸妓さんが芸を披露するためにも天井高さを必要としたためです。

同じような伝統的な街並みでも、街の役割によって景観が違ってくるということに気づかされました。

とても勉強になりました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

16 March

大名庭園

福井藩の大名庭園の見学

今日は会社の慰安旅行で訪れた福井県の松平家の庭園の話題です。

福井藩松平家の別邸として江戸初期から中期にかけて造られた建物やがベースになっています。

当時は藩主一族の保養地として、また茶会や饗宴なども催されていたそうです。

その後整備され維新を迎え、明治期に「養浩館」という名前が付けられました。

明治維新の際に最後の徳川幕府を支え、坂本龍馬など維新の志士たちとも交流があった松平春嶽公によってその名が付けられました。

残念ながら建物などは福井空襲によって焼失してしましい。現在残っているものは平成になって復元整備されました。

江戸期の図面が残されていたことで、当時の姿に復元できたのでしょうね。

園池に面して建てられた数寄屋造りのお屋敷は落ち着いた佇まいです。

池に映るその姿もとても美しく見えます。

大名庭園というと近くでは金沢の兼六園などを思い浮かべますが、規模は小さいですがとてもいい庭園でした。

規模の小ささがゆえに、写真のように遠景で建物やお庭を眺めると園外の建物が目に入ってきます。

池にもその建物が映り込んできます。

いい庭園でしたので少し残念な気持ちでしたが、多くの方が関わってこのように復元されたことの方が勝っており、当時のしっかり雰囲気を味わえました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ