愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

09 February

敷地

北側の敷地と建物配置

土地から探して家づくりを行う方に建物の配置やデザインなどをわかりやすく3Dで提案しています。

どのエリアでも駅から程よい距離で南向きというとなかなか土地自体が情報として出にくく、見付けてもとても狭く家族向けではなかったり、相場よりかなり高くなったりしている土地が多いです。

そこで南道路の敷地以外に目を向けると駅近で土地の形もよく、価格もお値打ちな土地が情報として挙がっていることもあります。

北側の間口が広く余裕で駐車スペースを確保でき、敷地に奥行きがあって南にはしっかりお庭が確保できる。

このブログでも時々書きますが、この北側道路敷地の南側のお庭は道路からは見えないのでプライベート感が高くて小さなお子さんも道路に飛び出すことがないので安心です。

またこの敷地のようにかなり余裕があると建物形状もシンプルな総2階ではなく、いろいろなアクセントを付けることができます。

3D画像のように玄関廻りを張り出して、奥には下屋と2階部分の奥行き感を出しています。

こうした提案を重ねて土地と建物の配置やデザインをイメージしていただきながら、進めていきます。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

08 February

吹抜け

リビングの吹抜けを見下ろす

リビングの吹抜け空間を撮影する時には下からの写真が多いです。

天井の高さと階上に設けた窓からの光によって普通の階高のリビングに比べて圧倒的に空間の拡がりを感じるのでインパクトがあるからです。

一方吹抜け空間を上から見下ろしてみると下からは気が付かない風景を見ることができます。

一つには目に入る窓の数が多いので、その分光の量が多くなり普通の2階の廊下より格段に明るく感じます。

そして下にいる家族の様子がよくわかるということ。

リビングはもちろんダイニングスペースやリビングに接する和室などの部屋の様子もうかがうことができます。

下からの声が聞こえるので上にいてもお子さんは家族の存在を感じられて安心できます。

「ごはんだよー」といった声も聞きやすいですね。

また逆にお子さんが下にいて上階で洗濯物干しや掃除などの家事をしている時も、下からの気配がわかりやすいので親の立場からも安心です。

いたずらしていても上から見ることができるので、すぐに叱るなどの対応もできます。

内部だけでなく、外にも目を向けると立地条件によっては吹抜け上階に設けた窓からの景観も楽しめますね。

今日のブログは上階からの吹抜けの様子を書いてみました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

07 February

子ども部屋の中

子ども部屋の内部の仕様

昨日は部屋の出入り口の仕様について書きました。

その中で子ども部屋の入口に小窓を設けたドアを紹介しました。

中の様子特に照明が灯っているかを外から確認できるので、お子さんのプライバシーを守りつつ消し忘れなどの管理がゆるやかにできます。

今日はドアを開けた子ども部屋の中のお話しです。

住宅の計画をする際にお子さんの年齢によってお子さんが家づくりに関わっていただくケースがあります。

ある程度大きくなると自分なりの価値観があるので、色やデザイン、部屋の使い勝手などにも自分なりの考え方があります。

そこでそうしたお子さんには間取りや仕様決めなどいろいろな段階で要望や意見を言っていただきます。

多少軌道修正が必要なこともありますが、それぞれの個性があってそのお子さんなりのいい感じに仕上がっています。

一方お子さんがまだ小さく、そうした場面を作れないケースもあります。

そうした場合はお子さんをどのように育てていくかを中心に間取りや仕様が決まっていきます。

お子さんの性別や人数によっても違います。

複数のお子さんがいる場合には部屋を分けるか一緒にするか、それとも将来分けられるようにしておくか。

そうした間取りに関することも決めることになります。

また部屋ごとにお子さんに合わせてテーマカラーを決めてまとめるといった仕様のことも決めます。

写真も部屋のアクセントカラーとしてスカイブルーとして、さらに部屋の個性が出せるように窓の上に飾り棚を最初から取付けました。

こうした仕様をお子さんが成長しながらどのようにとらえて、どのように使っていくか。

想定とは違う使い方をしてくれるかも知れませんが、それはそれで面白そうです。

それを見守っていくのも楽しいですね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

06 February

部屋の出入り口

部屋の出入り口の仕様

部屋の出入り口の仕様はいろいろな要素で決まります。

まずは開閉方法。引戸がいいかドアがいいかという事です。

ドアは閉まった時には納まりがいいのですが、開けるとどうしても把手の部分の逃げがあるので部屋のコーナーに設ける場合には90度には開かないことと、ドアの軌跡の範囲には物が置けないという特徴があります。

これに対して引戸の場合には、引くための遊びがあるためにドアに比べてしまった時にも枠と戸の隙間が生まれます。しかしながら引くのを邪魔しない限り引戸付近に物を置いても開閉はできます。

こうしたそれぞれの特徴を考えたり、部屋のレイアウトや使い勝手を考えたりして開閉方法は決まります。

仕様のうちでドアの色に関しては内装のカラーとの関係で決まります。

またデザインに関しては、シンプルでプレーンなものから、框組といった少し凹凸感のある物などから選んだりします。

また部屋の用途によっては小窓を付けるケースがあります。

写真は子ども部屋の出入り口に設けたドアの例。

かわいい小窓があって子ども部屋の入口らしいアクセントにもなっていますが、明かりが漏れるので夜間に電気の消し忘れなどの様子が廊下から確認できることにもなります。

このように部屋の出入り口の仕様は部屋の用途や使い勝手でいろいろな選択ができます。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

05 February

無垢材

無垢材で空間を仕上げる

吹抜けの天井に無垢材を貼りました。

吹抜け空間には化粧梁やロフトの手すりなども木を表しにして統一した空間を作っています。

写真にはありませんが、床も無垢の杉材を使いそして腰壁にも無垢材を使っていて、リビング空間は木の香りがとても落ち着く空間になっています。

当初から内装のイメージは木の雰囲気をできるだけ表したいというお客様の希望もあって、材料の選定やイメージ写真、そして実際の施工事例などを見ていただきながら決めていきました。

壁や天井にはクロスを用いることも多いのですが、やはり木の面積が多いと、落ち着きます。

人間の感覚機能のうち、代表的なものを「5感」と言いますが、この空間ではそのうちの3つの感覚を感じる事ができます。

目で見て感じる視覚。

木の香りを感じる嗅覚。

そして足や手で直接触れることで感じる触覚です(味覚と聴覚は、木をなめたり叩いたりすることで感じる事はできるのですが、現実感がないので外しました)。

この3つの感覚を充分感じられる落ち着いた心地いい空間になりました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ