愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

22 June

ハイサイド

 

部屋のハイサイドから光

 

敷地の状況によってはプライバシーなどの関係で1階の窓をあまり開けたくないこともあると思います。

 

また防犯上も公道に近い窓はあまり大きな開口を設けたくないケースもあります。

 

それでも部屋には光を入れたい。

 

そうした希望を叶えるためにハイサイドからの光を採り入れる提案をする時があります。

 

部屋のハイサイドからの光。

 

普通の天井の高さプラス吹抜けなどがあれば、その分高くなった壁の上の部分に窓を設けることができます。

 

1階を締め切っていたり、カーテンを閉めていたりしても、ハイサイドからの光が部屋を明るくしてくれます。

 

さらにハイサイドの窓は明かり採りという機能だけでなく、デザインのアクセントにもなります。

 

アクセントにもなるハイサイドの窓。

 

天井が高く開放的な空間で、縦方向のアクセントとして壁に窓を設けた事例が写真のお宅です。

 

下の大きな窓はクローズされたお庭に面しているので、プライバシー上閉め切る必要がなく明るい部屋になっています。

 

その上の壁にアクセントを付けるために小窓を並べました。

 

ハイサイドの窓を設けるにもいろいろな意味があります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

21 June

回遊

 

キッチンの廻りに配置

 

キッチンの廻りにはいろいろな物を配置したり仕舞っておいたりしたいですね。

 

冷蔵庫や食器棚はもちろん、食材やストック品そしてごみの置き場などとても多くのものが置かれます。

 

アイランドキッチンの横の家事コーナー

 

また写真のようにちょっとした調べものをする時や、書きものをする時に使えるカウンターをキッチン脇に設けることもあります。

 

いわゆる「家事コーナー」ですね。

 

ある程度広さがあるとお子さんや家族のスタディーコーナーにもなります。

 

お子さんの翌日の学校の支度をここに置いているお宅もありました。

 

家族に見てもらいながらお子さんご自身で支度ができるのでいいですね。

 

そうしたキッチンまわりのいろいろな物を納めたり、機能的に使うための方法の一つとしてキッチンをアイランド形式にして、キッチン廻りを回遊できるようしたりする間取りがあります。

 

アイランドキッチン

 

こうすることでキッチンでの家事をしながらいろいろな目配せもできますし、またキッチンに立っている人を邪魔しないで目的の物を取ることができます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

20 June

仕切るか仕切らないか

 

部屋を仕切るか仕切らないか

 

お子さんが小さい頃は一人部屋で過ごすというよりも親やきょうだいと一緒に過ごすことが多いので、子ども部屋を当初は分けなくて広い部屋とするケースもあります。

 

複数の子ども部屋をつなげて仕切ることも開放的な部屋にすることもできます。

 

後々間仕切りを設けるか写真のような可動の仕切りを設けておくこともあります。

 

このように子ども部屋の2室を一つの空間にすることの他に、主寝室を広くしてお子さんが小さいうちは一緒に過ごすというケースもあります。

 

生まれたばかりのお子さんは主寝室のベッドの横にベビーベッドを置くこともあります。

 

またもう少し大きくなっても、小学校に上がるまではお子さんのベッドと親のベッドを並らべて寝るということもあります。

 

また最初は仕切りをなくした子ども部屋に親子でベッドを置いて寝るということもあります。

 

最初は家族みんなで一つの部屋で寝るための設計。

 

写真のお宅もそうした使い方を想定しています。

 

さらに主寝室にプラスワンの子ども部屋を併設して、間仕切りを無くして子どもと親が一緒に寝ることもあります。

 

先日この主寝室+子ども部屋の間仕切りの検討依頼がありました。

 

設計段階ではそれを想定してドアや収納をそれぞれ設けていて、きちんと仕切ればそれぞれが独立した部屋になるようにしてあります。

 

こうしたお話しをお聞きすると、お引渡し当初にはまだ小さなお子さんが独立した部屋が必要なくらいに成長されたのだなと思い、当時のことを思い出しながら嬉しく感じます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

19 June

縦に分ける

 

部屋を縦方向に分ける

 

広い空間の一角にプラスワンのスペースを設ける計画をしています。

 

普通に平面的に足すのではなく、せっかく増やすのだから多機能に使えるようにと考えています。

 

そこで普通の部屋の中に上下に機能を分けたスペースを設けることにしました。

 

縦方向に空間を分ける。下は収納に。

 

写真もそうした事例で、ダイニングスペースの横からステップアップして部屋を設けています。

 

ダイニングと比べて天井が半分の高さなので専ら座って使うセカンドリビングとして使われます。

 

下の空間は高さの低い収納としていので、使用頻度のそれほど多くないけれど仕舞っておく必要がある物を納めることができます。

 

この事例はセカンドリビングですが、寝室に設けると書斎空間+下に収納となります。

 

空間を縦方向に分ける。上の空間はセカンドリビング

 

また2階のホールに設けるとファミリーで使えるスタディーコーナーや遊び場にもなります。

 

ステップアップしているおかげで間仕切りをしなくても用途を分けて使うことができます。

 

空間を縦方向に分けるという方法はいろいろな可能性のある空間になりますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

18 June

玄関の収納

 

玄関の収納の2例

 

玄関に下足入れだけでなく収納を希望される方が多いです。

 

その中で最近一番希望の多いのが土間収納です。

 

土間収納

 

玄関土間と同じレベルにあって、靴のまま出入りができることから「シューズインクローク」とか「シューズクローク」と言うこともあります。

 

小さいお子さんがいるお宅ではベビーカーの収納として使ったり、お庭遊びの道具を収納する場所として便利です。

 

スキーやスノボ、釣り具などアウトドア関係を趣味に持つ方の収納としても便利に使えます。

 

中には大きなクロークを設けて自転車を入れる方もいらっしゃいます。

 

こうしたいわゆる外廻りのアイテムを収納するには便利なのですが、特にそうしたものの必要がないお宅もあります。

 

そうした場合には、靴やコート、カバンや小物といった玄関廻りに収納しておくと便利なものを仕舞う場所を設けます。

 

下足入れと並べて設けた玄関収納

 

下足入れとは別に収納として設ける場合と、写真のように見た目の統一感を持たせるように下足入れの横に並べて同じ意匠で収納を設ける場合があります。

 

並べて建具も統一するとスッキリしますね。

 

玄関廻りに必要な収納は仕舞うものによってその家ごとに異なります。

 

計画の際には何をどのように仕舞うかを考えておく必要があるでしょう。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ