愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

敷地と道路

敷地と道路の関係

昨日に続いて角地の敷地のお話です。

角地に住宅を計画する時に敷地の大きさや形状、道路の幅員によっていろいろなケースが考えられますがどちらの道路も幅がそれほど広くない場合は、曲がりにくくなります。

曲がりにくいので敷地内に乗り入れる可能性が大いにあります。

そのような条件では角に構築物があると破損のリスクも高くなります。

道路で隅切り(交差部分の一部を斜めにしてあるもの)があれば問題ないのですが、そうした道路側での配慮がない場合は敷地で緩衝帯として乗り入れてもいいような仕上げにしておきます。

もちろん際限なく乗り入れされては困りますので一定のゾーンを確保してあとは乗り入れられないようにカバーします。

あとは建物と駐車場をどのように配置するかですが、昨日のような南側に余裕がある敷地ばかりとは限りません。

コンパクトな敷地ですが、車は2台停めたい。そしてお庭などのゆとりのスペースが欲しい。

そうしたご要望に応えて駐車場とウッドデッキを東側に配置したのがこのイメージ図です。

東西に細長い敷地なので南側は境界ぎりぎりに建っているので、リビングの東側の窓から使えるウッドデッキを設けました。

コンパクトな敷地でかつ角地ながら南道路の敷地に比べて価格もお値打ちになり、工夫すれば駐車場とリビングから使えるオープンスペースも作れます。

お値打ちな土地なら建築までの総額も抑えられます。

土地の形状だけであきらめるのはもったいない。

こうしたシミュレーションはすぐにできますので、気になった土地があればお問合せください。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ