愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

水抜き

開口部に水抜きを発見

昨日に続いて特別公開されている名古屋城の西北隅櫓についての記事です。

建物全体を見るのはもちろんですが、仕事柄一般の方より細部が気になり、いろいろな所に目が行きます。

その中で今回目に留まったのが開口部まわりです。この写真は西北櫓の内部から開口部を写したもの。

これは水抜きです。少し見にくいですが、青丸の所の中心からやや下の方の溝に穴があります。

この溝は戸のための溝で穴は溝に侵入した水を排水する役目があります。そして白い枠の下を通って赤丸の方に水が流れる仕組みです。

木製の溝に水が滞留すると腐りやすくなるのでそれを防ぐためです。

水が垂れて外部を汚さないように筒状のもの出ています。

この西北隅櫓はおよそ400年前の建物ですが、こうした開口部の溝に付ける排水穴は現在のサッシにも見られます。

写真がサッシ枠の排水機構です。

青丸からサッシの下を通って赤丸へ水が流れる仕組みです。

現在のサッシの水抜きは隅櫓のように侵入した水を排水する役目もありますが、万一ですが発生した結露水を逃がすためでもあります。

このような小さな部分ですが、古くからの考えが現代でも受け継がれている。

古い建物を細かく見ていくとこんな面白い発見もあります。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

1月26日(土)・27日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ