愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

クローズドキッチン

クローズドキッチンで落ち着いて料理

 

以前はたまに料理を作ることがありましたが、最近は自分でキッチンに立って料理を作ることがほとんどなくなっています。

 

それでも朝食の際には調理ではなくお湯を沸かしたり、食べるものを並べたり、時には洗い物をする際にはキッチンに立ちます。

 

我が家はダイニングから背を向けた位置にキッチンがあって、今主流の対面キッチンではありません。

 

自分がキッチンに立って思うのですが、自分としては対面キッチンやペニンシュラ型のオープンなキッチンよりは、クローズなキッチンの方が落ち着く感じがします。

 

今まで賃貸のアパートやマンションを含めて住み替えを何度かしていろいろなキッチンの配置を経験した中で感じていることです。

男女で感じ方が異なるのか、年齢的に異なるのか、それとも単に感じかたの問題なのかはよくわかりません。

 

でも一定の割合でクローズやセミクローズなキッチンを希望される方がいらっしゃいます。

 

 

写真もそうしたクローズ型のキッチンの例。

 

写真には写っていませんが、玄関土間から直接キッチンにつながっていて、ダイニングテーブルまで見渡せる。

 

料理や片付けをする際には落ち着いて行えますが、買い物や配膳は機能的にできるようになっています。

 

またセミクローズなので横目で家族の様子もうかがえます。

 

ダイニング背にしたキッチン配置だと孤独感があると言われて対面キッチンを希望される方もいらっしゃいますが、これならそうした孤独感を感じなくてすみます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。