愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

階段の位置や形状によっていろいろ変わる

階段の位置・形状で間取りが変わる

 

少し大きなお宅のプランニングをしています。敷地の形状や道路との関係で、玄関の位置や各部屋のおおよそのレイアウトはイメージできました。

 

2階建ての住宅なので、階段をどのように設けるかをいくつか検討しています。

 

1階の部分が2階より面積が広いので、階段の位置によっては階段までの道中が長くなって無駄なスペースも生まれることも考えねばなりません。

 

また同じ階段でも上る方向と下る方向を変えるだけで、1階と2階それぞれの間取りの使い勝手が変わってきたり、そもそも間取りが成り立たなくなったりします。

 

そうした検討を重ねて階段の位置を決めるのですが、さらに上り下りの安全性を考えて、手すりの位置や形状、そして採光との関係も大切な検討項目となります。

 

こうした検討を経てようやく動線的にも無理のない、利用しやすい階段のプランが決まりました。

 

 

写真も以前いろいろな検討を重ねた階段の事例です。

 

2階に多くの部屋や収納があって、そこへのアクセスのための廊下と階段の位置でいろいろな間取りを作成して、ようやくこのスタイルに落ち着きました。

 

さりげなく収まっているようで、そこまでに至るプロセスはなかなか大変なものです。

 

今日は階段の位置や形状が重要なことをお伝えしたくてブログ記事にしてみました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

10月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。