愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

仕切る?

 

子ども部屋に間仕切りは必要か?

 

複数の子ども部屋を仕切る?仕切らない?

 

「女の子同士の部屋は仕切ることはしないでいいです!」

 

最近複数のお宅のプランニングで子ども部屋の仕様について同じようなお話を聞きました。

 

それは・・。

 

子ども部屋の仕切りについてです。

 

複数の子ども部屋を設ける際にはそれぞれを間仕切り壁で仕切るのが一般的です。

 

また時々あるのが写真のような建具を利用した可変性のある仕切りを設けること。

 

さらにこれも比較的多いのですが、間仕切りを設けて2つあるいは3つの部屋を一つの広い部屋にしておくこと。

 

間仕切りを設けない場合には将来の間仕切りをどうするかということも考えておかないといけません。

 

子ども同士が異性の場合は将来には仕切ることになるでしょう。その場合は開放的な子ども部屋を設けないでそれぞれを最初に仕切ることもあります。

 

子ども同士が同性の場合はケースによって異なります。

 

経験上男の子同士の場合は仕切ることも多いです。ご主人に聞いても兄弟別々の部屋を持っていた、あるいは持つのが夢だったというお話しをよく聞きます。

 

女の子同士の場合は異なります。

 

奥様に聞くと、大人になるまで姉妹同じ部屋だったというお話しをよく聞きます。

 

ある程度大きなお子さんにはプランニングの時から参加してもらって意見を聞くのですが、姉妹の場合は同じ部屋でいいという事例が何度もありました。

 

兄弟と姉妹の違い。

 

もう少し事例を集めて掘り下げて研究してみたいですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ