愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

小上がり和室

 

小上がりの和室の高さ

 

小上がりのタタミコーナー。下には引き出し収納があります。

 

「和室を小上がりにしたいです!」

 

本格的な大きさの和室は必要ないのですが、リビングにちょっとした「和」のスペースを設けたい方も多いです。

 

ソファで寛ぐのもいいのですが、時には「ごろり」と寝っ転がりたいですよね。

 

でも板の間ではそのまま「ごろり」とすると身体が痛い。

 

わざわざマットなど出すのも面倒なものです。

 

そこで、畳のあるスペースです。そうした使い途なのでそれほど大きくする必要がありません。

 

高さはフラットでもいいのですが、寝っ転がるならちょっと高い位置の方が人の動線からも避けられ、また床からのほこりの心配もありません。

 

畳の位置を高くするのはいいのですが、どれくらいの高さがいいのでしょうか。

 

小上がり和室とリビングの天井を続けると解放的な空間になります。

 

せっかく高くするので、畳の下に引出し式の収納を設けたいとなると最低30センチくらいは欲しいです。あまり低くすると収納するスペースがなくなってしまうからです。

 

またせっかく上げるのだから、ベンチ代わりに使いたいというご要望もあります。

 

座るための高さとしては椅子をイメージするとわかりやすいのですが、大体40センチくらい。

 

ただしその高さにすると、畳の上に上がるのはちょっときつくなります。

 

畳下の収納を確保しつつベンチ機能や上り下りも考える。

 

そうした検討をして実際の高さが決まっていきます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ