愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

クローゼット

 

クローゼットの内部を検討

 

クローゼットの中の洋服は把握されていますか?

 

「クローゼットの中を断捨離します!」

 

私の宣言です。

 

ゴールデンウィークの合間に実際に洋服を中心にクローゼットの中の断捨離を実行しました。

 

結果は可燃ごみの袋いっぱいになりました。

 

最近はスーパーや公共施設の駐車場、ロードサイドの空地など各地に洋服や段ボールなどのリサイクルBOXが設置してあるので、思い立ったときに断捨離することができます(あまり着ていないものはリサイクルショップへとも考えるのですが、自分の物を出すのに少々抵抗があるので・・)。

 

このように断捨離している過程の中で、クローゼットの事を考えてみました。

 

直線形のクローゼットやある程度広さのあるウォークインクローゼット、そして玄関のシューズクロークなどクローゼット系の収納はいくつか種類があります。

 

ウォークインクローゼットの中の棚とハンガーパイプの様子。

 

一般的にクローゼットの中は棚を付けてハンガーパイプを設けることが多いです。その高さは1.8mくらいのところにあります。

 

断捨離しながら改めて自分の洋服を見てみると、ジャケットやシャツなどハンガーパイプに掛けるとその下がかなり余裕があることが分かります(コートなどの長物にはちょうどいい高さですが・・)。

 

洋服の下の余裕のスペースには衣装ケースなどを置くとちょうどいいのですが、掛けたい洋服がたくさんある場合には通常のパイプの下にもう一段パイプを設置するといい場合もあります。

 

こうした対応は洋服が増えてきて困ってリフォームしたいというお宅にも応用できます。

 

でもまずはクローゼットの「断捨離」と自分の洋服の把握が必要ですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ