愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

できること

 

キッチンのカウンターでできること

 

昨日あるメーカーさんからキッチンの新商品の内覧会の案内をいただきました。

 

毎年春から夏にかけていろいろなメーカーの新商品が発表されて、こうした案内も多くいただきます。

 

住宅の設備の機能は生活者のライフスタイルで決まるので、それが劇的に変わらないと(例えば日本人がお風呂に入らなくなってシャワーだけの生活になるとか・・・今のところあり得ませんけれど・・・)設備のスタイルは大きくは変わっていきません。

 

キッチンも配置上の違いはありますが、その基本機能は変わっていません。

 

全ての人が「ウーバーイーツ」みたいなケータリングサービスを利用する世の中になるとは思いませんよね?

 

基本機能は変わらないキッチンでも付加機能で進化やメーカーごとの特徴があって、そうした発表も毎年あります。

 

最近はキッチンの奥行きがたっぷりあるカウンターが多くなってきました。

 

奥行きのあるカウンターの前にはハイチェアが必要です。

 

調理方法の幅が拡がったり、調理する人数が複数でも対応できたり便利な奥行きです。

 

また、ハイチェアを置くとバーカウンターみたいに軽食やちょっと一杯ということも出来るようになります。

 

でもカウンターの高さがダイニングテーブルより15センチから20センチくらい高くなるので、小さなお子さんには不向きかも知れません(ハイチェアも危ないですよね?)。

 

小さなお子さん対応にするにはキッチンのカウンターから下げた高さで別のカウンターを設ける方がいいですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ