愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

地震に備える

 

耐震の診断の必要性

 

地震に備えるためのガイドブック

 

写真は数日前に紹介した耐震診断と改修のパンフレットの一部です。

 

今回は地震と耐震診断の話題です。

 

少し前に新潟・山形方面で大きな地震がありました。

 

新潟県の村上市では震度6強とこの地震での最大の震度を観測しました。

 

その数日後に当社に地元の市の建築行政に関わる担当者が別件の打合せにやってきて、この話題になりました。

 

市では春から今年度の耐震診断の受付を始めています。

 

10年以上前から行われている事業で、すでに関心のある方は早くから診断を受けているという事もあって年々申込の数が減っているようです。

 

それでも大きな地震のあった時には、翌日から申込件数が増えるといった傾向もありました。

 

しかしながら今回の地震の後では診断の申し込みはゼロだったそうです。

 

理由としては先に上げた既に関心の高い人は診断を済ましているということ。

 

もう一つは幸いにも瓦屋根の崩落やブロック塀など一部の倒壊に留まり、建物倒壊といった大きな被害にならなかったこともあるのではないでしょうか。

 

会社のある北名古屋市では南海トラフ大地震での震度は最大で6強を予想しています。

 

つまり今回の村上市の震度と同じという事です。

 

しかしながら今後起こるであろう南海トラフ大地震での被害の状況は果たして同じでしょうか?

 

地盤の状況や建物の密集度合、そして住宅そのものの性能によって同じ震度でも被害の程度は異なってきます。

 

今回の地震の被害がそれほど大きくなかったので同じ想定震度だからといって安心はできないということです。

 

今一度しっかり耐震について、ご自宅の耐震性能について、地域の状況について考える機会としてもいいのではないでしょうか。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ