愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

上り下りを楽しむ

 

階段の上り下りを楽しむ

 

階段室に設けたステンドグラス

 

階段の上り下りは出来るだけ最小限の回数で済ませたいものです。

 

とは言いながら私の場合、上ってから、あるいは下りてから忘れ物をしてまた上り下りすることも日常的によくあります。

 

いい運動だと思っていますが、急いでいるときは焦るもので、そんな時に限って何度も階段を往復することになります。

 

住宅の計画の中で階段の位置は重要なポイントです。

 

その位置によって動線が長くなって使い勝手が悪くなるケースもあります。

 

忘れ物をして上り下りする時には余計に動線の長さを感じることにもなります。

 

こうしてみると階段自体はあまりポジティブな位置付けにないとも考えられなくもないのですが、そんなことはありません。

 

写真のステンドグラスの飾り窓は階段室に設けたものです。

 

南に面したリビングからの光がこの飾り窓を通して階段室に入り込みます。時間によって光の様子が変わっていく様も面白いですね。

 

飾り窓にはちょっとした窓台カウンターもあり、小物が飾れるようになっています。季節やイベント毎に応じて飾り付けに変化を付けると楽しいです。

 

また階段の壁を利用してニッチを設けることもできます。

 

階段の勾配に合わせて設けたニッチ

 

写真のように階段の勾配に合わせて複数のニッチを設けてある変化もユニークですね。

 

こちらもニッチの飾り付けを時々変えることで変化を楽しむことができます。

 

またこのニッチを家族分設けて、それぞれを自分で飾り付けをするといったことをすればなお楽しいことでしょう。

 

階段の上り下りが楽しくなりそうですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ