愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

光の入り方

 

光の入り方を考える

 

壁の仕上げが左右で違うので光の当たり方が違います。

 

ソーラーサーキットの家の特徴として家中の温度差が少ないことが上げられます。

 

高気密・高断熱の性能を基に少ないエネルギーでそうした環境を実現できます。

 

家中の温度差を少なくするためには、吹抜けやリビングアップの階段を設けて上下階の空気を積極的につなげることをします。

 

その中で吹き抜けはやはり一番たくさんの容積の空気が上下階につながるので有効です。

 

しかしながら単に温度差を無くすために吹抜けを設けるだけではく、窓の位置や大きさなどをデザイン的に考えて設けることも住み心地にも影響してきます。

 

リビングの一角に設けた吹抜けに小窓を付けて上からの光をコントロールした例。

 

右側の壁には白い板を貼っていて左の壁に当たる光との対比を楽しむことができます。

 

下にはテレビがあるので、少し抑え気味に光を採り入れました。

 

シャッターを閉じても明るいリビング

 

1階の窓のシャッターを閉めても日中は明るい。

 

こちらは南側に広く開放されたリビングに設けた吹抜けです。

 

南側に道路があって奥行きも十分にある敷地なので、採光を遮るものがなくて吹抜けの窓が無くても明るいリビングとなっています。

 

そこで吹き抜け上部はスクエアな窓を吹抜けのサイズに合わせてリズミカルに設けました。

 

壁天井の色を白系でまとめたので余計に明るい空間となっています。

 

防犯のためなどで、1階の窓のシャッターを閉めても日中は明るい空間となります。

 

こうした環境なら休日に寝坊した朝もシャッターを開けなくてもリビングは明るいままですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ